émail エマイユ

émail エマイユ

プリムローズとは、日本でいう桜草。学名はプリムラと言います。
プリムラは「早く咲く」という意味で、
ラテン語で「最初」を意味する「primos」が語源となっています。
2年の最初に咲く花・プリムローズは、
春を告げる使者として世界中で親しまれてきました。

また、ドイツには、プリムローズを“鍵の花”と呼ぶ、
古くからのこんな言い伝えがあるそうです。
病床の母を慰めるために花を摘もうとしていた心優しい少女・リスベスは、
突然目の前に現れた一人の妖精に導かれ、
プリムローズの花の鍵でお城の扉を開きます。
まだまだ山のように残っている宝物にも目がくらむことなく、
妖精にポケットいっぱいに入れてもらった財宝を手に、
強い心で母親のもとに戻った少女は、
持ち帰った金貨で薬を買い、母親の病気を治し、
生涯幸せに暮らしたとのことです。

花言葉は希望。
未来への希望を捨てない強い心と、
母への深い愛情が、
その運命を切り開いたのかもしれません。

Collection
BELLEZA émail エマイユ 
Motif
プリムローズ 
Item
Ring リング 
Design
DGR51022A 
Material
K18YG 七宝    
 
ダイヤモンド     
Carat
0.21 ct    
Price
¥232,200(税込)